スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

失業問題の解決策を検討する視点

こんばんは。そろそろ眠たくなってきました。

今回もこのページにご訪問していただいたことを大変感謝しております。本日も張り切って『合格術師@AO入試』オリジナルの視点で失敗しようがないAO入試の自宅学習を分かりやすくご紹介できればよいと思っています。

大学受験の入試方式は多様化しています。センター試験利用や全学部入試統一試験や試験日自由選択性など併願する際にメリットといえる様式を検討することも大切です。

課題文型の論作文で大切なことは著者はどのように考えているのか、それに対して自分はどのように検討するのか、ということを課題の課題に沿って述べていきましょう。 まずは、課題の内容についてしっかりと自問自答しましょう。自分の言い分を見つけ出すためには、課題文の内容や課題に対する主張をしっかりと読み取ることが重要になります。

ここで自分に提案ですが、これから取り組む課題については、考察メモやアウトラインの始めにかならず課題文の要約をしてみてください。そして、「課題は何か」「この著者が問題としているのは何か」「著者の言い分は何か」「設問意図は何か」などを書き出した上で、自分の考えを見つけ出す作業に取り組んでみてください。自分の主張がきちんと課題の内容をふまえたものになるはずです。

このページでは分野「業問題の解決策」を検討する視点をご紹介します。

失業者の人々がどのようにあなたの暮らしを支えるのか、という実情的な問題と、社会ですでに問題となっていることを解決する行動を起こすということ、この両者が調和よくかみ合うことがあなたの主張では不可欠になってきます。もちろんそのための努力をするということは非常に大切なことですが、実情問題として目の前に立ちはだかる不具合に対して、即効性のある方法を目の前にして、その選択を理性的に行うことがどれほど難しいのか、考えてみましょう。また、極端な展開をすれば、社会やわたしたちの暮らしをよりよい、便利なものにしようとする活動は、それぞれの分野、段階で副産物質をもたらしてきました。人間にとって便利な暮らしが、結果として人間が暮らしする場である地球を蝕んできた歴史はもはや疑いようがありません。

そして、人間の暮らしを「よりよいものにするかもしれない」が、「他の面での危険性も考えられる」ような技術や発想というものがあったとしたら、どのような調和の上で進捗させるかどうかを決定すればよいのでしょうか。こういった背反の調和の上での決定を重ねて、様々な技術や発想が世の中に適用されてきました。メリットの裏にあるデメリットの存在を完全に否定することは多くの場面できないでしょう。しかし、逆に言うと多少のリスクを犯す度胸がなければ、より良い社会に近づくための技術や発想など取り入れることが出来ないのかもしれませんね。こういった視点で探求すると、白、黒とはっきりと色分けできるものではないのかもしれませんね。灰色がいったいどちらに近いのか、その判断さえ、その時代背景や環境に左右されるものであり、一定の視点から判別することは難しいでしょう。わたしたちが「社会」というものを探求するとき、そもそも「発展」を目指すべきなのか、それとも「荒廃」を食い止めるために変質を恐れなければならないのか、その立脚点も含めてもう一度この問題を考えてみても面白いのではないでしょうか。

AO入試でよく出題されるトピックスから書き始めましょう。頻出のトピックスといえば、「尊厳死」、「バブルの後遺症」、「成人と子供」、などは一度は論述しておきたいトピックスです。

今回お話できた内容はAO入試の初めの一歩にすぎません。

成績のあがるワーク&トレーニングの旬な事実の伝達やニュースはまだまだこれからです!努力しているあなたとご父兄のお役に立てるブログを目指しています。

次回もAO入試に受かる生徒の共通のタイプを分野にした話を楽しみにしてくださいね♪

  • 小論文指導の難しさ|間違いようのない失敗しようがないベストな家庭学習
  • この記事の関連ワード
    模試 例文 原稿用紙 法科大学院 日本の食生活 


    フルパワーで過す日
    スポンサーサイト
    .04 2011 未分類 comment(-) trackback(-)
     HOME 

    プロフィール

    やさしい小論文

    Author:やさしい小論文
    FC2ブログへようこそ!

    カテゴリ

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。