スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

人権と平等の論じ方のコツ

今日も快調!!!本日は失敗しようがないベストな自宅での勉強計画についてお話しようと思っています。

『AO入試指導master』のページにご訪問していただきありがとうございます。

今回も『AO入試admin』オリジナルの視点でAO入試を家庭&塾で乗り切る秘訣を書き綴ります。

大学受験の入試方式は多様化しています。センター試験利用や全学部入試統一試験や試験日自由選択性など併願する際にメリットといえる様式を検討することも大切です。

特定の案件に対して、論者が様々な見識を言っていきます。自分の見識や主張と同じ人については、「このように論じると納得できる」と感じるでしょうし、「この論じ方では納得できない」と思えば自分ならばどう論じるべきなのか、シミュレーションができます。また、どんな見識や主張においても反対の視点に立つ人はいるわけですから、その視点を頭ごなしに否定するのではなく、「なぜこの人はこう見識や主張たのか」などと興味を持ってみましょう。論作文を書くときに、「反論もあるだろうな」と予測しながら書いていくこともとても重要なことですからね。日頃からアンテナを張り巡らせて、社会の動きや出来事に関心を持つようにしましょう。独りよがりな論作文の論述の仕方では、読み手を納得させることは難しいですよ。

このページでは課題「人権と平等」の演習ポイントをご紹介します。

課題の課題は「人権と平等」ですが、「人権」「平等」と「個性の尊重」がどのようなつながりを持っているのか、自分なりに明確にしてみましょう。課題文で筆者は、「人権」の認識の基本的なありかたについて、問いかけています。人々の個性はさまざまで、得手不得手・外見・認識のもち方など、それぞれ違ったものをもって生きています。その違いをありのままに受け止め、互いに尊重し合う気持ちを幼いうちから育てることができれば、ごく自然に「人権」の認識が育まれていくのではないか、という考えを筆者は述べています。今回の設問は、この課題文を受けて、「人権」「平等」についての考えを述べる、というものです。「人権」「平等」といった社会的な題材の場面、このように先ず本来の意味・在り方を提示しておくことは、考えを進めるうえで有効です。

続いて、「いじめ」「差別」「紛争」が依然として存在することから、「人権」が護られていない場面があることを指摘し、その原因が「自分と異なるものを受け入れようとしない」姿勢にあることをあげるこができるでしょう。人権が侵された事例として自分が見聞きして印象に残っているものはありませんか。たとえば、ハンセン病の元患者の方たちが長年にわたって差別を受け続けてきたこと、警察権力によって無実の人が不当な扱いをうけたことなどが、報道されていますね。具体的な事例から出発することで、より明確に原因を考えていくことができると思います。「自分と異なるものを受け入れようとしない」姿勢のほかにも、自分の利益のみ追究する姿勢、視座のより弱い相手への無理解なども原因としてあげることができるでしょう。

AO入試やAO入試での論作文試験は学力検査の意味を持ちます。「表現力」や「語彙力」や「理解力」などがチェックさせれます。

AO入試を難しく考えてはいないでしょか?気持ちの向き方にヒントがありますよね。

毎回AO入試を家庭&塾で乗り切る秘訣のここだけの方法を受験生と保護者の方にご紹介したいと頑張ります。いつでも当サイトにお越しくださいね。

次回も『合格術師@AO入試』のネタを楽しみにしてくださいね♪♪

  • 等身大の高校生の視点|やる気の継続できる推薦入試法の進化系
  • この記事の関連ワード
    起承転結 模試 nttデータクイック 高校生 日本の食生活 


    推薦入試合格へ全速力!
    スポンサーサイト
    .28 2010 未分類 comment(-) trackback(-)
     HOME 

    プロフィール

    やさしい小論文

    Author:やさしい小論文
    FC2ブログへようこそ!

    カテゴリ

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。