スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

課題の内容を探求

『自己推薦入試指導master』です!

自己推薦入試の勉強うまく進んでいますか?このコンテンツでは私と一緒に自己推薦入試にチャレンジする方を募集中!自己推薦入試に勝ちたいあなたをサポートする事実の伝達がここにある。

それでは本日もよろしくお願いします。

成績や偏差値が思っているほど伸びないと悩んでいるあなた!このページにそれを解決できるヒントを見つけてください。

論作文はあなたもマスターできます。論作文をマスターして自己推薦入試に受かりましょう。

入試において課せられた課題を探求する事態、異なる視点にこだわるのではなく、言いたいことを見つけるために探求を柔軟に行なおうとしているのだという主観を持って、常識や既成概念に捕らわれないようにすると良いと思います。

推論まではかなり早くできるのであれば、そこからひとつの結論に急がないで、他の可能性を探るようにすればいいですね。その具体的な方法としては、具体例を想定してみるのがやりやすいと思います。


言いたいことが見つかれば、次は、解説の論理を理解しやすく、しかも巧妙に組み立てることに力を入れると良いと思います。しかし、そこでも結果を気にするよりも、主張する良い材料を見つけ出すことで 自然に良い論述になるだろうくらいのラフな気分で取り組んだ方が、あなたの本当の知か力が発揮されるように思います。 結果を気にせず、全力でやるべきことを順にやっていく、という取り組み方で良いと思います。

詮索メモは、もっと自分のためだけに書いていいんですよ。汚くても構いません。本番で提出しなさいという大学もありますが、その場面は、問題冊子に必ずその旨書かれていますから、問題を読むときに注意しておけば良いでしょう。


今回お話できた内容は自己推薦入試の初めの一歩にすぎません。ご紹介できる内容はこれからです。当ブログをこれからもよろしくお願いします。

誰でもできる最強マニュアルを読みたい一生懸命な自分とご家庭へのオススメニュース

  • 日本の教育とアメリカの教育|逆転できるテーマ「大人と子供」の書き方
  • この記事の関連ワード
    日本の食生活 住友電工 高校受験 高校生 見本 

    スポンサーサイト
    .29 2010 未分類 comment(-) trackback(-)
     HOME 

    プロフィール

    やさしい小論文

    Author:やさしい小論文
    FC2ブログへようこそ!

    カテゴリ

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。